メイキング・線画の抽出、私の場合

イラストは描いていたけどシャーペンの落書き程度。Gペンなんて持ってないし、コピックも絵具も自信がない。
自信がないと[⌘+Z]に頼りたくなるもので、「ペンタブはうまくつかえないから、線画は手で描いてスキャンして塗ればいーんじゃーん!あったまいいー!」と考えた私がいました。

今回は、アナログで描いた線画をスキャンして塗れるようにする方法をご紹介します。

1)線画を描きます。今回はシャーペンです。

2)スキャンします。


線画なのでイメージタイプはグレースケール。
解像度はとりあえず実寸350dpiにしましたが、最終的に印刷物になるイラストの場合は600dpiあると安心だと聞きかじりました。

スキャン出来ました。

裏紙に描いたので裏の文字がうつってしまいました。

3)レベル補正(イメージ>色調補正>レベル補正)を利用してキレイにします。

こんなウィンドウが出てきます。
左のゲージは最も黒い部分、右のゲージが最も白い部分を表します。

右のゲージをこのようにすると、それより右側は全部切り捨てられて白くなります。

最初はよくわからないので、適当にいじって線がキレイにみえるところを探します。論理や数値よりもそれが1番大事。

「さぁ、これで塗ればいいんでしょ!らくしょー(Dv<)☆」
ここまでは鼻歌まじりでした。ふんふふーん♪でした。

が、ここで私は「線が抽出できない!」という問題にブチ当たります。

今、レイヤーは一枚です。黒い線の部分も、白い部分もくっついているのです。

線画レイヤーは一番上にきますから、
色を塗るためには、白い部分を透明にしなくてはならないのです!

 

上から塗ったら線が消えてしまうし、自動選択ツールで選択していちいち消していくのは面倒なうえにキレイにできないし、線画レイヤーを乗算モードにして下のレイヤーに色をつけるも発色が悪いし、そんなこと気軽に聞けるようなお絵描き友達なんていなかったので、googleで調べて色々な方法を試した結果、私が採用したのは以下のとおりです。

下ごしらえ)
背景レイヤーになっていた場合、
ダブルクリックをして普通のレイヤーに変えておく。


1)チャンネルウインドウの下部にある「チャンネルを選択範囲として読み込む」をクリック。

どういう仕組みかわかりませんが、白い部分がかなりいい具合に自動選択されます。

2)このままでもよいのですが、線のニュアンスまで消えてしまう場合があるので、選択範囲を縮小(選択範囲>選択範囲を変更>縮小…)します。

2pxくらい。

3)レイヤーを選択した状態で、「delete」キーを押すと

線以外のところが透明になりました!

4)あとは一番下に白く塗りつぶしたレイヤーを置いて、ゴミを消しゴムでキレイに消したら完成です。

できたーーーー!!

これで無事に線画の抽出が完了しました!

seri

             
使用ソフト:photoshop CS5

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中