seriちゃんの、避難訓練のおはなし。

20130418

ある日、seriちゃんとおともだちのみんなは、
幼稚園の先生にいわれて、おゆうぎしつにあつまりました。

なにがはじまるのかしら?と思っていると、
先生は、手をたたいて言いました。
「たいへん!火事がおきました!さぁ、はやく逃げて!!」

seriちゃんもみんなも、びっくりしてしまって、
あわてておゆうぎしつのドアへかけだしました。
おしあいへしあいおおさわぎ。
ぜんぜん外にいけません。

そんなぐあいでしたから、みんながお外ににげるには、
たくさんたくさん、時間がかかってしまいました。

先生は、もういちど みんなをおゆうぎ室にあつめると
言いました。
「さっきみんなは、おんなじドアから出ようとしたから
なかなか出られませんでしたね。
でもほら、見て。
うしろにもドアはあったのに、だれもそっちから出ませんでした。
みんなと同じところへいかなくたっていいんです。
自分でかんがえて、えらびなさい。」

先生、ありがとう。
今も迷ったときはこの言葉を思い出しています。

後に、この精神が廚二病発症の引き金になるとは
誰が思ったことであろうか・・・・

seri

こちらの記事もどうぞ>>>
seriちゃんの、負けず嫌いのおはなし。
seriちゃんが、夏休みにポスターをつくったおはなし。


広告

seriちゃんの、避難訓練のおはなし。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: seriちゃんが、ポケモンを買ってもらえなかったおはなし。 | nanakusa

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中